元恋人夫婦を離婚させたいと思われたキッカケ

元恋人夫婦を離婚させたいと思われたキッカケ

元彼、元彼女が結婚してしまったので離婚させて復縁したいというご相談を数多く頂いております。
未練が残っている元恋人が結婚する事になったという事はなかなか受け入れがたい事件です。
もう一度、元の関係に戻るために努力をしていたのに結婚されてしまった、本人からではなく周りの友人から元恋人の結婚の報せを聞いたなど「元恋人を離婚させたい」というご依頼のほとんどが離婚させた後に復縁やお付き合いをしたいという目標をお持ちです。
ミッションエージェントでは元恋人夫婦を離婚させたいというご依頼を別れさせ屋工作によってご協力させて頂くと共に、依頼者様が目指す目標へのお手伝いもさせて頂いております。
まずは弊社に元恋人夫婦を離婚させたいと依頼される事になったキッカケをご紹介致します。

  • 未練がある、復縁したかった。
  • 自分と付き合っていたのに、他の人に盗られた。
  • お金を貸している。
  • 元ご主人や、元奥様が再婚したので離婚させたい。
  • 子供のためにやり直したかった。
  • 婚約破棄された。
  • 今でもたまに会っている。
  • 都合のいい存在になっている。

この他にも書き切れないほどの動機から弊社にご依頼されることになった方々がいらしゃいます。

夫婦とは法的にも保護されている関係となり、恋人同士のように気軽に別れたり付き合ったりする事はできません。
夫婦が離婚するためには婚姻関係を継続し難い重大な理由となる明確な離婚理由が必要となります。

離婚理由の主なものを挙げますと、

  • 借金
  • 不貞行為
  • 暴力行為
  • 治る見込みがない精神障害
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さない、同意なく別居など)

明確な離婚理由がなく、配偶者に離婚したいと意思表示をしても、相手が離婚を拒否すれば成立しません。
それでも離婚を進める為には代理人を立てて離婚調停、審判、裁判などの手続きとなり長期化する傾向にあるのです。
また、こういった法的手続きをとっても離婚が成立しない事もあるのです。

元恋人夫婦を離婚させたい・対象夫婦の事を教えて下さい

元恋人夫婦を離婚させたい・対象夫婦の事を教えて下さい
  • 子供の有無、子供の年令
  • 夫か妻が単身赴任中
  • 別居中
  • 義両親と同居
  • 離婚調停や裁判中
  • 新婚
  • 妊娠中
  • バツイチ同士など

元恋人夫婦の状況(子供の有無や婚姻期間、親との同居など)によって、夫婦を取り巻く環境が異なりますので別れさせる為の方法や難易度が変わってまいります。
その為、それぞれの案件に対して先入観を持たずに現場に臨み、ご依頼頂いた案件に合った工作方法を考え、進めていかなければならないのです。

元恋人夫婦を上手く離婚させる方法、離婚させ方

元恋人夫婦を上手く離婚させる方法、離婚させ方

別れさせ屋工作に携わるスタッフをご紹介させて頂きます。

  • 相談員(依頼者様のお悩みや望まれる結果を伺い、難易度設定や工作の流れや注意点をご説明致します。)
  • 担当員(依頼者様の案件の責任者・調査工作のスケジュール管理や現場スタッフへの指示、依頼者様へのご報告やアドバイスを行います。)
  • 調査員(対象者の行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(対象者に接触を行い恋愛関係を構築するスタッフ。)

別れさせ屋工作とは対象となる元恋人の配偶者に異性の工作員を接触させて、恋愛関係を構築して配偶者から元恋人に別れを告げてもらう事を目指してまいりますが、配偶者の性格や夫婦の状況によっては異性の工作員と関係を持ったとしても元恋人との夫婦関係も続けていくケースも多数ございます。
そういった場合、配偶者と異性の工作員の関係が元恋人に露見してしまうような状況を演出して、夫婦関係を破綻させる為のキッカケを作ることが、元恋人夫婦を離婚させたいという案件の別れさせ屋工作となります。

元恋人夫婦を離婚させたい|別れさせ屋工作までの流れ

元恋人夫婦を離婚させたい|別れさせ屋工作までの流れ

①相談員とのご面談・ご契約

  • これまでの経緯や現在の状況、元恋人夫婦を離婚させた後にどうされたいのか等をお伺いさせて頂きます。
  • ご依頼となった場合は、ご契約書を作成させて頂くと共にお分かりになる範囲の対象となる元恋人夫婦の情報(自宅住所・勤務先情報、趣味・嗜好・好みのタイプなど)をお伺いさせて頂きます。

そして依頼者様の案件の責任者となる担当員が選任されます。

②対象者の行動パターンを把握するための調査(事前調査)

対象者に工作員を接触させるにあたって、どういったポイントで接触するのが効果的で、どういう接触の仕方が警戒されづらいかなどを決める為に、対象者の行動パターンや立ち寄り先を調査しなければなりません。
調査員は調査結果を担当員に報告して、担当員はその結果を受けて接触の方法やポイントを決めてまいります。

③工作員による接触

事前調査によって対象者の行動パターンや立ち寄り先を把握し、その中で効果的と思われるポイントに工作員を配置して、対象者への接触を開始致します。
最初の内はキッカケとして偶然の接触を複数回行い、工作員の存在を対象者に刷り込んでいく事を主眼として接触を行い、最初の目標である対象者との連絡先交換を目指してまいります。
仮に複数回接触を試みても工作員が対象者と連絡先の交換ができなかった場合は、別の工作員を別のポイントで最初とは異なる話かけ方で接触させて連絡先の交換を目指します。
対象者と連絡先の交換ができた工作員は、対象者の都合に合わせてメールや電話、LINEなどによって会う約束を取り付け、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

④最終的な工作へ

元恋人の配偶者と工作員の関係が親密になってくると、別れさせ屋工作はいよいよ大詰めを迎えます。
対象者が元恋人との夫婦関係を切ることなく、異性の工作員との関係を続ける状態になった場合は、対象者と異性の工作員の関係が元恋人にバレてしまうという状況を作らなければ、元恋人夫婦の関係が破綻することになりません。

対象者の浮気が元恋人にバレてしまう方法としては・・・。

  • 対象者と異性の工作員が一緒にいる場面に元恋人が遭遇してしまう。
  • 対象者と元恋人が一緒にいる場面に異性の工作員が接触を行う。
  • 対象者に接触していた異性の工作員は既婚者である設定にして、工作員の配偶者が興信所に依頼して浮気調査をしてみたら不倫が発覚したと対象者宅に興信所が作成した報告書を持って話に行く。

などその方法は様々です。
最終的に対象者と異性の工作員の関係を元恋人にバラす前に、工作方法を依頼者様と担当員で打ち合わせ致します。

⑤アフターフォロー

対象者と元恋人が無事に離婚した後、接触していた異性の工作員が急に対象者の前からいなくなったり、音信不通になってしまうと、対象者に疑念を抱かれてしまう可能性が出てきてしまいます。
その為、異性の工作員は工作終了後も2~3ヶ月ほどは連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば対象者に会いに行ったりしながら、段々とその頻度を抑えて消えていかなければなりません。
接触当初と同じように消え方も大事に行わなければならないのです。

元恋人夫婦を離婚させる為の注意点|別れさせ屋工作

元恋人夫婦を離婚させる為の注意点|別れさせ屋工作

夫婦を離婚させるという案件は、恋人同士を別れさせる案件と比べても親権や職場での立場、世間体などの障害がある為、一つとして簡単な案件はございません。
しかし依頼者様の離婚させて復縁したいという目標を成就させる為には、どうしても避けることができない作業なのです。
誰にでも忘れられない恋愛があり、戻りたい過去があります。
少しでもその願いに近づくために全力でご協力させて頂きます。
元恋人夫婦を離婚させたい、離婚させて元恋人と復縁したいお考えの方はお気軽にミッションエージェントまでご相談頂ければ幸いです。
きっと解決の糸口が見つかるはずです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ