息子さんや娘さん夫婦を離婚させたいと思われたキッカケ

息子さんや娘さん夫婦を離婚させたいと思われたキッカケ

自分の息子や娘には幸せになって欲しいと思うのが親心です。そんな親心もどこ吹く風と息子さんや娘さんがとんでもない相手を結婚相手に選んでしまう事は、親御さんからすると耐え難いことです。
どんなに親御さんが結婚を反対しても、燃え上がっている二人の耳には何も聞こえません。むしろ二人の関係を邪魔する親御さんを敵対視するようなケースもございます。

ミッションエージェントではお子さんの幸せを願う親御さんに別れさせ屋工作をご提案させて頂いております。
まずは弊社に息子さん娘さん夫婦を離婚させたいとご依頼される動機となった出来事をご紹介致します。

  • 結婚相手に離婚歴がある。連れ子がいる
  • 家格に合わない相手である
  • 年齢差がある
  • 息子や娘が未成年である
  • 定職に就いていない
  • 借金がある
  • 遊び人である
  • 結婚する前に妊娠が発覚
  • 親や家族への挨拶に来ない
  • 相手の親族と折り合いが悪い
  • 財産を相続させたくない。

など様々な理由によって離婚させたいと思われるのです。

夫婦を離婚させる為には婚姻関係を継続し難い重大な理由である離婚理由が必要となります。

離婚理由の主なものは、

  • 借金
  • 不貞行為
  • DV
  • 重度の精神障害
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さない、同意なく別居など)

明確な離婚理由がなく、どちらかが離婚したくないという立場なのであれば離婚調停、審判、裁判などの手続きとなりますが、こういった法的手続きをとっても離婚が成立しない事もあるのです。

離婚させたい息子さん娘さん夫婦の事を教えて下さい

離婚させたい息子さん娘さん夫婦の事を教えて下さい
  • 子供の有無、子供の年令
  • 妊娠している
  • どちらかが単身赴任中
  • 別居中
  • 義両親と同居
  • 離婚調停や裁判中
  • 新婚
  • 再婚同士など

離婚させたい息子さん娘さん夫婦の状況(お子さんや妊娠の有無や婚姻期間、ご職業など)によって別れさせ屋工作の進め方が異なります。
その為、別れさせ屋工作を含めた全ての恋愛工作は先入観やセオリーを取り除き、それぞれの案件に適した工作方法を考え、ご提案させて頂いております。

上手く息子さん娘さん夫婦を離婚させる方法、離婚させ方

上手く息子さん娘さん夫婦を離婚させる方法、離婚させ方

まず別れさせ屋工作に関わる登場人物をご紹介させて頂きます。

  • 依頼者様(別れさせ屋工作をご依頼された親御さん。)
  • 対象者(離婚させたい息子さんや娘さんの配偶者。)
  • 相談員(親御さんの悩みやそれまでの経緯、求められる結果を伺い、難易度設定や工作の流れについてご説明させて頂きます。)
  • 担当員(別れさせ屋工作の責任者・工作のスケジュール管理やスタッフへの指示、親御さんへのご報告を行います。)
  • 調査員(対象者の行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(対象者へ実際に接触を行い恋愛関係を構築するスタッフ。)

別れさせ屋工作とはお子さんの配偶者(対象者)に異性の工作員を接触させて、恋愛関係を築き上げ対象者から息子さんや娘さんに離婚したいと告げてもらうことを目指してまいりますが、対象者の性格によっては異性の工作員と関係を持ちながらも息子さん娘さんとの夫婦関係を続けていくケースも多くございます。
このような場合、対象者と異性の工作員の関係が息子さんや娘さんにバレてしまうような工作を行い、夫婦関係を破綻させる為のキッカケを作ることが、一般的な別れさせ屋工作となります。

息子さん娘さん夫婦を離婚させたい|別れさせ屋工作までの流れ

息子さん娘さん夫婦を離婚させたい|別れさせ屋工作までの流れ

①相談員とのご面談・ご契約

  • これまでの経緯や現在の状況、息子さんや娘さんとのご関係などをお伺いさせて頂きます。
  • ご依頼となった場合、ご契約書を作成させて頂くと共にお分かりになる範囲の対象となる息子さん娘さん夫婦の情報(自宅住所・勤務先情報、趣味・嗜好・好みのタイプなど)をお伺い致します。

ご契約後に依頼者様の案件の責任者となる担当員が選任されます。

②対象者の行動パターンを把握するための調査(事前調査)

工作員が対象者に接触するにあたって、どのポイントでどういった話しかけ方で接触するのが効果を生み、対象者に不信感を与えづらいかという事を決める為に、対象者の行動パターンや立ち寄り先を調査してまいります。
調査員は調査結果を担当員に報告して、担当員はその結果を受けて接触の方法やポイントを決めてまいります。

③工作員による接触

事前調査に得た対象者の行動パターンや立ち寄り先情報の中で効果的だと思われるポイントに工作員を配置し対象者への接触を開始致します。
接触の初めはキッカケ作りとして偶然の接触を複数回行い、対象者に工作員の存在を自然に刷り込んでもらうような接触を行い、最初の目標である対象者との連絡先交換を目指してまいります。
しかしながら複数回の接触を試みても対象者と連絡先の交換ができなかった場合は、別の工作員を別のポイントで接触させて連絡先の交換を目指します。
対象者と連絡先の交換ができた工作員は、偶然の接触から脱却しメールや電話、LINEなどによって会う約束をを取り付け、デートを重ねて対象者との親密度を深めてまいります。

④工作の仕上げ作業

対象者と異性の工作員の関係が親密になり、定期的に会うことが容易な関係になれば別れさせ屋工作はいよいよ大詰めを迎えます。
対象者が息子さんや娘さんとの夫婦関係を切らずに、異性の工作員と不倫関係を続ける状態になった場合は、対象者と異性の工作員の関係が露見してしまうという状況を作らなければ、対象者夫婦にヒビを入れることになりません。

対象者の浮気が息子さんや娘さんにバレてしまう方法としては・・・。

  • 対象者と異性の工作員が一緒にいる場面に息子さんや娘さんが遭遇してしまう。
  • 対象者と息子さんや娘さんが一緒にいる場面に異性の工作員が接触を行う。
  • 対象者に接触していた異性の工作員は既婚者である設定にして、工作員の配偶者が興信所に依頼して浮気調査をしてみたら不倫が発覚したと息子さんや娘さん宅に興信所が作成した報告書を持って話に行く。

などその方法は様々です。
最終的に対象者と異性の工作員の関係が息子さんや娘さんにバラす前に、工作方法を依頼者様と担当員で打ち合わせ致します。

⑤アフターフォロー

息子さんや娘さんと対象者である配偶者が離婚した後に、異性の工作員が急に対象者の前からいなくなったり、音信不通になってしまうと、対象者に疑念を抱かれてしまう可能性が出てきてしまいます。
その為、異性の工作員は工作終了後も2~3ヶ月ほどは連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば対象者に会いに行ったりしながら、大事に消えていかなければなりません。

息子さんや娘さん夫婦を離婚させる為の注意点|別れさせ屋工作

息子さんや娘さん夫婦を離婚させる為の注意点|別れさせ屋工作

恋人同士を別れさせたいという案件に比べ、夫婦を離婚させたいという案件は、例え息子さんや娘さん夫婦であっても親権、社会的地位、財産分与、世間体などの様々な障害がある為、簡単な案件はございません。
しかし息子さんや娘さんが後々不幸せになる事が予見される状況を回避させるためには、どうしても避けることができない作業だと言えます。
その為、離婚させた後のご家族のフォローや心のケア、優しく迎え入れてあげる環境が絶対に必要となるのです。
息子さんや娘さんが選んだ人なのであれば仕方がないと考えられる時もあるかと思いますが、ご家族、親族として生涯交流を持たなければならないという事を考えますと「別れさせ屋工作で離婚させる」という選択肢も一つの解決方法であると言えます。

息子さんや娘さん夫婦を離婚させたいというお悩みの方は、ご相談無料、秘密厳守ですのでお気軽にミッションエージェントまでご相談頂ければ幸いです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ