不倫相手夫婦を離婚させたいと思われたキッカケ

不倫相手夫婦を離婚させたいと思われたキッカケ

「夫や妻との関係は破綻しているから、離婚が成立したら結婚しよう。」「もう少し待っていて欲しい。」という何の保障もない言葉を支えにして続けてきた不倫関係。
不倫と言っても既婚者と独身者という関係もあれば、既婚者同士のダブル不倫や既婚者同士だったがどちらかが先に離婚して不倫相手の離婚を待っている状況、相手が既婚者と知らずに交際を始めたが途中で結婚している事を告白されるもズルズル関係を続けているなど様々な関係性が存在しています。
もしかして私は都合のいい存在なのではないか?私には夫婦関係が破綻していると言っているけど、本当は夫婦円満なのではないか?という不安に苛まれ、いつしか自分だけでは抱えきれない悩みに変化していくのです。
既婚者と交際するには、既婚者寄りのルールに合わせなければ成立しません。
平日は連絡できるけれども土日は連絡してはいけないというルール、会社や友人ご近所に絶対バレてはいけないというルール、割り切った交際なので干渉し過ぎないというルールなど既婚者に都合がいいルールばかりです。
最初は軽い気持ちで割り切った交際として不倫を始めたが、いつしかのめり込んで正式な関係になりたい、自宅に帰って欲しくないという願望が芽生えてくるのです。

不倫相手の夫婦を離婚させたいと依頼される方の大多数は離婚させた後に結婚したい(略奪婚したい)、もっと自由に会えるようになりたいという願望をお持ちです。
言い換えますと依頼者様の願望を叶える為の通過点の作業として別れさせ屋工作が存在しているのです。
また、不倫相手の夫婦を離婚させたいという悩みを相談する相手が周囲にいない、例え相談ができても理解されず、違う人を探した方がいいと諭されてしまう状況にある方も多くいらっしゃいます。
ミッションエージェントでは依頼者様が一人で抱えられている悩みや望まれる未来を伺い、別れさせ屋工作によって全力でご協力させて頂きます。
まずは弊社に不倫相手の夫婦を離婚させたいと相談されたキッカケをご紹介致します。

離婚が具体的に進まない

妻や夫とはうまくいっていないから、離婚してあなたと一緒にいたいという話をされたのに、時間だけが虚しく過ぎても一向に離婚の話が進んでいかない。

離婚の話が二転三転する

子供が中学校を卒業したら離婚すると言っていたので我慢して不倫関係を続けていたのに、いざその時になったら子供が成人するまで待って欲しいと話が変わってしまう。
離婚の話を進めていると言っていたのに、弁護士に相談に行くことせず、離婚調停をおこすこともしない。

実は家庭円満だった事を知ってしまう

夫や妻とは全然夜の関係もない、家庭内別居だという話だったのに、友人から不倫相手の夫婦がラブラブであることを聞いてしまったり、お休みの日に家族で楽しそうしているところを目撃してしまう。

不倫相手の子供が出来てしまった

不倫相手の子供を妊娠してしまった。
お腹の子供のためにも離婚させたいと思うようになる。

同棲を始めたのに離婚する様子がない

自宅に帰らず一緒に生活をするようになったのに、正式に離婚をしない状況に不信感を覚え離婚させたい。
など不倫相手の夫婦を離婚させたいと思われた動機は様々なのです。

夫婦を離婚させる為には、明確な離婚理由(婚姻関係を継続し難い重大な理由)が必要となり、性格の不一致や価値観の相違などの理由で離婚を求めても配偶者が離婚を拒否すれば、家庭裁判所での離婚調停や裁判などの法的手続きが必要となる為、離婚成立までの期間が長期化する事になるのです。

離婚理由の主なものは、

  • 借金
  • 不貞行為
  • DV
  • 重度の精神障害
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さない、同意なく別居など)

また不倫が配偶者にバレている場合、不倫相手は有責配偶者という立場となり、その後に配偶者の浮気が発覚したとしても、離婚を強く進めることができないケースがございますので、現時点でバレていないのであれば、くれぐれも行動にはお気を付け下さい。

不倫相手の夫婦の事を教えて下さい|別れさせ屋工作

不倫相手の夫婦の事を教えて下さい|別れさせ屋工作
  • 子供の有無や年令
  • 不倫がバレているか否か
  • 単身赴任中
  • 別居中
  • 義実家で同居
  • 離婚調停や裁判中
  • 要介護者がいる
  • 再婚同士など

離婚させたい不倫相手の夫婦のお分かりになる範囲の情報をお知らせ下さい。(お子さんの有無や婚姻期間、親御さんとの同居、不倫関係がバレているかなど)
対象となる夫婦によって別れさせ屋工作の進め方は全く異なります。
事前情報や経験からくる先入観を取り除き、現場にて得た情報に基づいて工作方法を考えなければならないと言えます。

不倫相手の夫婦を上手く離婚させる方法|別れさせ屋工作

不倫相手の夫婦を上手く離婚させる方法|別れさせ屋工作

まず不倫相手を離婚させる為の別れさせ屋工作に携わるスタッフをご紹介致します。

  • 相談員(依頼者様のお悩みや目指すべき目標を伺い、難易度設定や工作の流れについてご説明致します。)
  • 担当員(依頼者様の案件の責任者・工作のスケジュール管理やスタッフへの指示、依頼者様へのアドバイスやご報告を行います。)
  • 調査員(対象者の行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(対象者へ実際に接触を行い恋愛関係を構築するスタッフ。)

不倫相手の夫婦を離婚させる為の別れさせ屋工作とは、対象となる不倫相手の配偶者に異性の工作員を接触させて恋愛関係を構築し、対象者から配偶者である不倫相手に離婚したいと告げてもらうと離婚はスムーズに進行すると考えられます。
しかし、対象者の性格や夫婦の状況によっては異性の工作員と深い関係を持ったとしても配偶者との夫婦関係も切らないというケースも多数ございます。
こういった場合、対象者と異性の工作員の関係が配偶者である不倫相手に露見してしまうような状況を演出して対象者に落ち度を作り、夫婦関係を破綻させる為のキッカケを作ることが、離婚させる為の別れさせ屋工作となります。

不倫相手の夫婦を離婚させたい|別れさせ屋工作までの流れ

不倫相手の夫婦を離婚させたい|別れさせ屋工作までの流れ

①相談員とのご面談・ご契約

  • 不倫相手との経緯や現在の関係や状況、不倫相手との関係が配偶者にバレているか、離婚させて何を目指されているのかなどをお伺いさせて頂きます。
  • ご契約書を作成させて頂くと共にお分かりになる範囲の対象者夫婦の情報(自宅住所・勤務先情報、趣味・嗜好・好みのタイプなど)をお伺いさせて頂きます。

ご契約後に依頼者様の案件の責任者となる担当員が選任されます。

②対象者の行動パターンを把握するための調査(事前調査)

対象者に工作員を接触させるにあたって、どういったタイミングで、どのポイントで接触するのが効果的且つ警戒されづらいか等を決める為に、対象者の行動パターンや立ち寄り先を張り込みや尾行による調査を行います。
調査員は現地で得た調査結果を担当員に報告し、担当員はその結果を受けて現場スタッフや依頼者様と競技し接触の方法やポイントを決めてまいります。

③対象者へ工作員を接触させる

事前調査によって得た対象者の行動パターンや立ち寄り先情報で効果的と思われるポイントに工作員を配置し対象者への接触を開始致します。
最初は偶然の連続による接触を自然な形で行いキッカケ作りとして、工作員の存在を対象者に認識してもらう事を重点に行ってまいります。
そして最初の目標である対象者との連絡先の交換を目指してまいります。
仮に複数回、対象者に接触を試みても連絡先の交換ができなかった場合は、別の工作員を別のポイントで接触させて連絡先の交換を目指してまいります。
連絡先の交換ができた工作員は、対象者から一定の認識を得たという事になりますので、今度は偶然の接触からメールや電話、LINEなどを利用して対象者の都合に合わせた日程で会う約束を取り付け、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

④別れさせ屋工作の仕上げ

対象者と異性の工作員との関係が深くなり、親密になれば工作も終盤を迎えます。
対象者が配偶者である不倫相手との夫婦関係を続けながら、異性の工作員と関係を続ける状態になった場合は、対象者と異性の工作員の関係が配偶者にバレるという状況を作らなければ、配偶者は対象者に気が付く事がない為、状況に変化が出ません。
その為、対象者と異性の工作員の関係が配偶者に露見するという演出が必須となるのです。

対象者の浮気が配偶者にバレてしまう方法としては・・・。

  • 対象者と異性の工作員が一緒にいる場面に配偶者が遭遇してしまう。
  • 対象者と配偶者が一緒にいる場面に異性の工作員が接触を行う。
  • 対象者に接触していた異性の工作員は既婚者である設定にして、工作員の配偶者が興信所に依頼して浮気調査をしてみたら不倫が発覚したと対象者宅に興信所が作成した報告書を持って話に行く。

などその方法は様々です。
もちろん対象者と異性の工作員の関係が配偶者にバラす前に、バラす方法工作方法を依頼者様と担当員で打ち合わせ致します。

⑤アフターフォロー

対象者と配偶者である不倫相手が無事離婚した後、異性の工作員が急に対象者の前からいなくなったり、音信不通になってしまうと、対象者に疑念を抱かれてしまう恐れが出てきてしまいます。
その為、異性の工作員は工作終了後も2~3ヶ月ほどは連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば対象者に会いに行ったりしながら、段々とその頻度を抑えて消えていかなければならないのです。

不倫相手の夫婦を離婚させる為の注意点|別れさせ屋工作

不倫相手の夫婦を離婚させる為の注意点|別れさせ屋工作

夫婦を離婚させる為の別れさせ屋工作は、恋人同士を別れさせる別れさせ屋工作と比べても、お子さんの有無や財産分与、世間体などのしがらみがある為、難易度は高くなってしまうと言えます。
しかし不倫相手の夫婦を離婚させなければ、不安いっぱいの時間を無為に過ごしていた頃と何も変わらないのです。
依頼者様の目標を成就させる為、または不倫関係を続けるか続けないかの線引きとして、どうしても避けることができない作業なのです。
依頼者様の中には一時的な感情で自分と不倫相手の関係を配偶者に自らバラしてしまう方がいらっしゃいます。
不倫相手の家に無言電話をかけたり、怪文書が送ってみたり、不倫相手と会えない日に家の近くまで行ってみたりという方もいらっしゃいます。
不安感を払拭する為、または閉塞的になった不倫関係に変化をもたらしたいという感情から出る行動で、その瞬間は胸がスっとするかも知れません。
しかし冷静になった時に後悔することになるのです。
感情的になってやってしまった行動が依頼者様が関与していると不倫相手に疑われ、不倫相手との関係に溝ができる、又は破綻する原因となるケースが多いのです。
目指すべき目標が不倫相手と正式な関係になるという点なのであれば、一時的な感情から出た発想や行動は慎まなければなりません。
不倫相手の前では話がわかる人であっても、強い気持ちを保てる時と、どうしようもなく弱くなってしまう時があります。
気持ちが弱くなってしまった時のご自身をどうコントロールするかは難しい問題ですが、ミッションエージェントでは別れさせ屋工作をご依頼頂いた方にアドバイスや心のケアを行っております。
不倫相手の夫婦を離婚させたいという誰にも言えない悩みをお持ちの方は、お気軽にミッションエージェントまでご相談下さい。
きっと解決の糸口が見つかるはずです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ